上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、一昨日の日韓戦(W杯日本代表壮行試合)について、思うことを書いてみる。(なので、いつもの記事とは異なる内容なので、興味がない方はパスしてください)。

サッカーファンの中には、かなり以前から、岡田監督ではダメだろうと感じていた方々が、多くいたように思う。それが、岡田監督解任の大きな流れにならなかったのは、多分日本代表に対する薄っすらとした無関心が、広がっていたからだろう。それは、ジーコ・ジャパンがドイツで敗北し、中田が1人ピッチに倒れこんだときから、始まっていたことのように思う。あのときの楽観から失望への転落は、実力的には当然の帰結ではあったが、そのときに感じた「日本人にはサッカーは向いていないのではないか」という疑念は、多く人の心の底に沈殿していったように思う。その後、日本でのメジャースポーツ「野球」が、WBCで優勝。イチローや松井の活躍など、世界に通用するスポーツとして再認識され、Jリーグに小さく固まったサッカーが、世界に全く通用しないスポーツとして徐々に見捨てられていった。

そして岡田ジャパン。。。W杯出場を決めるも、同じグループのオーストラリアには、ドイツでの雪辱も成らず完敗。強化試合が強化につながらず、少しプレーシャーを受けると横パス、バックバス。バイタルエリア外の安全なパス回しでお茶を濁し、ゴール前での全く枠に飛ばないシュート。そして、ここぞというときにモタついて、カウンターから簡単に失点。ここ1年、日本代表の試合が面白いと感じた人が、何人いたのだろうか。だから、岡田監督自身が「外れるのは岡田」と言ったのだから、外してあげましょ。どうせこのまま行っても、グループリーグ敗退は見えているのだから。予めダメとわかっていて何もしないのは最悪で、この期に及んでも最後まで諦めずにやれることをやった方が、例え結果が悪くても、納得できるというもの。失うものは何もないのだから。

で、ここからがやっと本題だが、タイトルにあげた「もう一度オシムのサッカーを見たい!」。

そう、イビチャ・オシム爺さん。

「ワールドカップで、オシム監督が、日本のベンチに座っている姿」を、私は本気で見たい!!

「例え下手でも実力がなくても、一所懸命な日本サッカー」を、私はワールドカップで見たい!!

オシム爺さんが監督時代、今から思えば不思議だが、戦術論やら、試合ごとの賛否やら、個々の選手の評価やら、サッカーファンばかりではなく、一般のスポーツファンも、「オシム語録」を話のネタにして、盛り上がっていた。それはカメのような進歩だったかもしれないが、今のような保身のオンパレードではなく、少なくとも選手やファンは、顔をあげ前を向いてた。

ここで大きな決断をすることは、ゴールを目指しシュートを打つこと。ここで逡巡し何もしないのは、バイタルエリア外でのパス回しをこれからも続けるということ。

「ワールドカップで、オシム監督が、日本のベンチに座っている姿」を想像するだけで、なんだかワクワクしてくるのは、私だけではないだろう。スカパーの解説で来日するより、南アのピッチに是非立ってほしい。そして、例え3タテをくらったとしても、試合後のオシム監督の言葉を、私はまた聴きたい。

↓クリックしていただけると、励みになります。↓

人気ブログランキング人気ブログランキング FC2ブログランキングFC2ブログランキング

関連記事
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/26(水) 15:56:01 | #[ 編集]
非表示コメントを書き込んでくださった方へ
コメントを書き込んでいただき、ありがとうございます。

非表示コメントなので、どのようにご返事すれば
良いかわかりませんが、
これまでの日本サッカーの歴史を考えると、
確かに、おっしゃる通りだなぁと、思います。

ただ、オシム爺さんの

『二本足で日本に来たが、杖をついて三本足で帰ることになるかも。
それだけ多く足跡を残したということならば、
私の財産はその杖だ』(2009年1月イビチャ・オシム)

こんな言葉をきくと、このままの状態でW杯に行くことが、
やはり、少し我慢ができなかったので、
少し熱くなりすぎましたが、書いておこうと思いました。

これまで、面白いと思って読んでいた
サッカー関連のブログを書かれている方々が、
ブログを閉じたり、殆ど更新しなくなったり、
海外のサッカーに関する記事に移行したりと、
日本代表に関して、誰もマトモな記事を書かなくなっているので、
一応、書くだけ書いておこうかと思った次第です。

これまで、拙い内容のブログを見ていただき、
本当にありがとうございます。
今後とも、宜しくお願い申し上げます。
2010/05/27(木) 21:03:00 | パメラネ #yKdCY6Bs[ 編集]
サッカーはよくわかりませんが
強豪国やクラブと比べると、もう全然違いますよ。シュートの距離が、違うでしょう。守備がいくらいても平気で入れるでしょう。パスの精度も判断スピードも。

選手が育っていないのではないでしょうか。監督が誰でもこの差は仕方ないんじゃないでしょうか。
2010/05/29(土) 05:42:57 | gkrsnama #t50BOgd.[ 編集]
「gkrsnama」さんへ
「gkrsnama」さん、こんばんは。
コメントを書き込んでいただき、ありがとうございます。
返事が遅れてしまって、大変申し訳ありません。

「gkrsnama」さんがおっしゃる通り、
「選手が育っていない」のは、否めない感じです。
「監督が誰でもこの差は仕方ない」というのも、とても良くわかります。

ただ、自信を失っている現監督に代わって、
道半ばで倒れ、現在は概ね健康を回復されているオシムさんに、
監督をやってほしいという、個人的な願望を述べてみました。

その方が、「オシムさんなら、誰を代表に選ぶだろうか」とか、
「対カメルーン、対オランダ、対デンマークでどんな采配をふるうか」とか、
色々と楽しみが深まるなぁと、思うからです。
それが直接的に勝敗に関わるかどうかは、別物だと思いますが、
このままW杯に出るよりは、よっぽど有意義な試合が出来そうな気がします。

私の思いは、単純で、
「オシムさんが日本の監督として南アのピッチに立っている姿」を想像すると、
戦略的にも、情緒的にも(こちらの方が強いです)、勇気が湧くからです。
そして、本音は、本文にも書きましたが、
「例え下手でも実力がなくても、一所懸命な日本サッカー」を、
私はワールドカップで見たいなぁと、心から思います。

拙いブログに、コメントしていただき、本当にありがとうございました。
今後とも、「パメラネの部屋」を宜しくお願いいたします。
2010/05/30(日) 01:01:53 | パメラネ #yKdCY6Bs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright Pamerane, 2017

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。