上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かなりタイミングが遅れたが、1月13日に発売されたPerfume(パフューム)『直角二等辺三角形TOUR』DVDの、感想などを少し。それにしても、ずっとライブに行っていないので、ツアーDVDは、ありがたい。

Perfume’s Isosceles Right-Angled Tour DVD
Perfume 4th Live DVD
Second Tour 2009 "Chokkaku Nitouhen Sankakkei Tour"
2010.01.13 released
TKBA-1134 ¥5,775 (tax in)

好きなミュージシャンが同じでも、思い入れのある曲は、人それぞれ違っているもの。初めてPerfumeの曲を聴いたのが、「エレクトロ・ワールド」だったので、私にとって、この曲は特別な感じ。久々に聴いたが、今でも背筋がゾクゾクする快感が得られたのは、ホント驚いた。

「edge 」は今回のツアーでも目玉だが、前回とは異なったMIXとパフォーマンス・演出で、進化している感じだなぁ。

聴き込んで、当初の印象と一番変わったのは、「Zero Gravity」。なかなか良くできた曲だと思えるようになったが、やはり「あ~ちゃん」の声が多めのミックスは、私にはちょっと甘すぎる。今回のツアーでは、サイコロを使った演出で、ダンスの方はとてもカワイイ。

「Kiss and Music」の帽子を使ったダンスは、定番といえば定番だが、なかなか良かった。「take me take me」と同様、大人の色気も出てきた感じ。

それにしても「マカロニ」が、こんなに泣ける曲だったとは。DVDを見ながら、思わず不覚をとってしまったが、既に売れてしまったアイドル。そう、本当に「これくらいの感じで いつまでもいたいよね」。

↓クリックしていただけると、励みになります。↓

人気ブログランキング人気ブログランキング FC2ブログランキングFC2ブログランキング

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

Copyright Pamerane, 2017

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。