上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あまのっち」と同様、はまったといえば、音楽系では「Perfume」。

去年の後半に、YouTubeでミュージックPVを見ていて、たまたま検索に引っ掛かったのが、下の「Perfume」-「エレクトロ・ワールド」だった。



80年代テクノをもう少しハードにしたベースの上に、エフェクトをかけた切ないロリ声を乗せるというのは、ある意味パターンだが、それを、ほとんど完璧にこなしている。

「エレクトロ・ワールド」に完全にはまって、「Perfume」で検索を掛けたら、YouTubeに彼女たちの楽曲がほとんど上がっていた。そのどれを聴いても粒ぞろいで、これはプロデューサーの中田ヤスタカの才能だろう。去年から「Perfume」のヘビーローテーションが続き、とうとう彼女たちの1stアルバム「Perfume -Complete Best-」を、購入するまでに至った。アイドルのCDを買うのは、全く初めての経験だった。

これまで、「アイドル」や「イベント・コンパニオン」などは、縁遠い存在で、それらに群がるアイドルオタやカメコの人たちを奇異なものと思ってきたが、はまってみなければ分からないということか。
なんだか強い中毒性を感じる。

で、前置きが長くなったが、Perfume@東京オートサロン。

今回初めて、生で「Perfume」のパフォーマンスを見た。ネットでの噂どおり、衣装にたがわぬ漫才MCと、生?歌、生フリが見れて大満足だった。

Perfume(パフューム)01 Perfume(パフューム)02

↑ハンコック・ブースでのオープニングはこんな感じ。左端は最初から噛み合わない司会の方。ビデオを撮っている方々がかなりいる。

Perfume(パフューム)03 Perfume(パフューム)04

↑「エレクトロ・ワールド」

Perfume(パフューム)05 Perfume(パフューム)06

↑途中のMC。
「タイヤつるつるでどうやって走るんだ。」とか「すべる感じで走る。」とか「どうやって止まるんだ。」とか「まだ免許とれない年だ。」とかで、「運転のマネぐらい出来るでしょ。」ということで「コンピュータードライビング」に移る。前のお兄さん他数名が、遠慮がちにハンドルを握るマネを小さくやるので、気を取られてフリを撮るのを忘れた。

Perfume(パフューム)07 Perfume(パフューム)08

↑「Twinkle Snow Powdery Snow」、空中に★描いてるなぁ。

Perfume(パフューム)09

↑で、最後は「スリック・タイヤ」を「スリップ・タイヤ」とかいって自分たちで笑い、CD・DVDの宣伝してグダグダでステージが終わる。

その後、場内練り歩きの撮影があったようだ。「あまのっち」のダンスといい、もう少しネバっていればと思うが、あまりの人の多さに辟易して、午後早々と会場を退散した。つくづく、こういうイベントは場違いで、向いていない。

この記事が気に入ったら → FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
近所のTSUTAYAで、「Perfumeの『ファン・サーヴィス[sweet]』 ありますか」というと、「今日発売のヤツですよね」と即答され、→購入。
アイドルのCD(DVDも付いてる)を発売日に買いにいくとは・・・orz。

Perfume 『ファン・サーヴィス[sweet]』 (その1)

↑で、『ファン・サーヴィス[sweet]』のボックスとカード↑
ボックスの中にはCD+DVDケースとブックレットが入っている。ブックレットは「Twinkle Snow Powdery Snow」と「チョコレイト・ディスコ」の写真集のようになっているので、買った人のお楽しみ。音の方も、Yahoo!動画よりは低音部がクッキリとして良い。(当たり前か。)


↑チョコレイト・ディスコ↑
バレンタイン・デーに合わせて発売ということで、姪っ子と女房から貰ったチョコを食べながら聴いてみる。(まぁ、女房は呆れてるけどね。)


↑Twinkle Snow Powdery Snow↑
こちらも、中田ブシ炸裂ということで、お気に入り。

それにしても、Perfumeの中毒性はコワイ。

この記事が気に入ったら → FC2 Blog Ranking

近所のTSUTAYAでPerfumeの『ファン・サーヴィス[bitter]』を購入した。DVD+ブックレットはA4サイズで、初めTSUTAYAの店員さんは普通サイズのDVDを探して右往左往。その挙句、年配の店員さんに指摘されて、レジ背面の棚、最上段から無事に本体を探し出し、恥ずかしそうに「随分大きいですね。」と、手渡してくれた。

Perfume 『ファン・サーヴィス[bitter]』 (その1)

↑『ファン・サーヴィス[bitter]』のDVD+ブックレット↑
(表紙が銀色で、反射してうまく撮れない)

Perfume 『ファン・サーヴィス[bitter]』 (その2)

Perfume 『ファン・サーヴィス[bitter]』 (その3)

↑ちょっとだけ、ブックレットの中身↑

「ネタ、出しつくしました。」というだけあって、コンサート写真から、「のっち」の顔変遷、「あ~ちゃん」のパジャマ・コレクション、「かしゆか」写真日記、シングル用スチール写真などなどが収められている。

Perfume 『ファン・サーヴィス[bitter]』 (その4)

↑ちょっとだけ、DVDの中身↑

で、DVDの方は、「YouTube」でこれまでアップされていたライブが、でかい画面で見られる総集編的な構成。初見の「スーパージェットシューズ」や「彼氏募集中」もやっていて、音楽的に??だが、資料的には貴重な感じ。オープニングの「エレクトロ・ワールド」から「おいしいレシピ」、そして「コンピュータシティ」と続く流れを見て、「うー、ライブ行きたかったなぁ」と思わせる。カメラ11台を駆使した映像は、ちょっと懲りすぎ感はあるものの、飽きさせずに、たっぷりとperfumeの中毒性を満喫させてくれる。そしてアンコールの最後、「Wonder2」がしっとりと余韻を残しつつ、ライブの終焉を告げて、エンドロールがお仕舞いになると、性懲りもなく、また頭からリピート再生。

「仕事せんといかんよ。」とあ~ちゃんに言われそうだ。
というか妻からの携帯コールで、突然我に帰る始末。

この記事が気に入ったら → FC2 Blog Ranking

今日、初めてパフューム(perfume)の、↓CM[公共広告機構(AC)日本放送協会(NHK)〕↓をテレビで見た。



昨日のライブでこの曲「ポリリズム」も披露したようだし、盛り上がったようなので、行けなかったのが、とても残念。

「ポリリズム」は9月にはリリースするらしいが、それにしても、この曲を聴いて、「Underworld」の↓これ「Two Months Off」↓を思い浮かべてしまうのは、私だけだろうか?



[追記〕:私だけではなかったようで、色々な方が指摘している。
まぁ、中田氏も、狙ってやってるんでしょうかね。

この記事が気に入ったら → FC2 Blog Ranking

今日、パフューム(perfume)の「ポリリズム(Polyrhythm)」初回限定版を、近所のTSUTAYAで購入した。
『ファン・サーヴィス[bitter]』のときは、何処に置いてあるのか右往左往したが、今回は新譜コーナーの目立つ場所にあって、普通に買えた。

パフューム・ポリリズム

「オリコン(ORICON )の9月11日付デイリーシングルランキングで4位に初登場」ということで、なんだか隔世の感があるが、「ポリリズム(Polyrhythm)」初回限定版の中身は↓こんな↓感じ。

パフューム・ポリリズム

帯の裏面が「ジブンドリ」のポートレートになっていて、↓「のっち」のアカンベーが。。。。?!↓

パフューム・ポリリズム

「ポリリズム」が「Underworld」の「Two Months Off」だとすると、同時収録の「SEVENTH HEAVEN」は「元気ロケッツ」の「Heavenly Star」かな?
まぁ、「ポリリズム-extra short edit-」が、例の「ポリリズム」部分をカットしただけというのは笑えるが、この部分をステージでやるのは、いくら「○○○」とはいえ、ツライかもしれない。

DVDの映像は、ネットで見たものと同じようだが、「GONZO」のCGの詳細がわかって、これはこれで良かった。

↓ちょっとだけ、その映像↓

パフューム・ポリリズム

それにしても、例の「ポリリズム」部分をループで聴いてしまうのは、「KC」の変態変拍子になれてしまった世代だからか。



この記事が気に入ったら → FC2 Blog Ranking

Copyright Pamerane, 2017

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。